骨格矯正がより必要なのは、女性か男性か

皆さんはこれまでに骨格矯正を受けた経験があるでしょうか?
骨格矯正は、一部の体調が悪い方や調子が悪い方だけが受ければ良いと感じておられる方も多いかもしれませんが、実は女性の多くに関係のある施術になります。
なぜ女性は、特に骨格矯正が必要になるのでしょうか?

一般的に、骨格矯正が必要になるのは、顎関節や骨盤と言われており、女性の中での7割の方が、これらの部位に歪みが生じていると言われています。
そのため女性の方は、骨盤や顎関節の状態がどうなっているのかチェックをした方が良いでしょう。
7割という事は、ほとんどの女性に歪みが生じているということになります。

顎関節や骨盤に歪みが生じる原因は、1つだけではありませんが、1つには女性ホルモンの影響があります。
顎関節や骨盤には線維性結合組織が多くあり、この線維性結合組織が女性ホルモンの影響を受けやすいため、歪みが生じてしまいます。
女性ホルモンが分泌される周期が来る度に、ゆるんでしまい、歪みにつながるということです。
特に出産する時期や授乳期には、女性ホルモンの分泌が活発になるため、歪みもひどくなる傾向があります。