留学で失敗する例とは?

海外留学を行い、英語が話せるようになると、日本ではバラ色の人生が待っていると感じる方も少なくないようです。
確かに、英語が話せるようになるなら、いろいろな仕事ができるようになるため、仕事の幅は大きく広がります。
これは間違いのない事実です。
しかし海外留学=人生の成功という方程式は成り立たないケースもあります。
海外留学を経験したことのある人へ企業が求めるのは、言語能力は当たり前のこととしても、個人的な経験というものも必要になります。
海外の生活を通じて、一体なにを身に付けてきたのか、日本にいなかった期間でいったいどんな成長をしたのかということが、会社にとって大きなメリットになることが分かっているからです。
つまり言語ができれば良いという企業は、それほど多くはないということになります。
日本にいるだけでは身につかないなにか、これを企業は高く評価するというわけです。
ですからワーキングホリデーなどで海外生活があるだけでは、ほとんど高評価を受けることはできないという事になるでしょう。
ですから留学をするなら、そこで何を成し遂げられるのか、どんな成長ができるのか、こうした事を重視するようにしましょう。